結婚指輪にシルバーってあり?

価格は品質よりも産出量によりますから、シルバーの価格が控えめという事実が結婚指輪の素材として???では決してありません。

まさかの結婚指輪で困ったら

結婚指輪にシルバーってあり?

結婚指輪ランキングに載っている指輪の中で、シルバーの結婚指輪ってありなの?という疑問の声をきいたことがあります。

おそらく、価格が他金属(ゴールドやプラチナ)よりも控えめだからでしょう。

価格は品質よりも産出量によりますから、価格が控えめという事実が結婚指輪の素材として???では決してありません。

★一番輝く

価格と品質は必ずしも正比例でない良い見本が『輝き』だと思います。

金属の輝きと色は光の反射率によります。

人の目には赤と緑と青を検出する細胞があって、どの細胞が大きく刺激を受けるかで色が決まります。

例えば金は青の反射率が低く赤と緑が高いため黄色系(金色ですけど)になります。

一方、銀は全ての色に対して非常に高い反射率を持っているため、特定の色に偏らず白い輝きを放つのです。

ちなみに高反射率を持つ金属は、(一位)銀(二位)アルミニウム(三位)ロジウムです。

輝きにおいては、プラチナは銀に全く及ばず・・・なのです。

★一番デザイン性に富む

シルバーは加工がしやすいので、デザインが豊富、最もファッション性に富んだ結婚指輪が揃っていると言ってもよいでしょう。

シルバーのフープイヤリングなどの定番ジュエリーとのコーディネートもばっちりです。

★必要なのは定期的なクリーニングのみ

シルバーの結婚指輪は水分や汗で黒っぽくなるので、定期的なクリーニングを習慣にして、美しさをキープしましょう。

シルバーリング専用のクリーナーを使うのがGOOD。

布タイプ(クリーナーと研磨剤成分が既に染み込んでいています。)と液体タイプ(指輪を浸します。)がおススメです。

もっとも、知り合いの男性は「少し黒ずんできたくらいの、いぶし銀の方が男っぽいくて気に入っている。」と言ってましたが。

シルバーというとスターリングシルバー(純度92.5%)がアクセサリーとして最もよく使用されていますが、一度でいいから純度95%の結婚指輪を見て下さい。

金属ってこんなに輝くものなの?と驚くはずです。

それくらいキレイなんです。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) まさかの結婚指輪で困ったら All Rights Reserved.