宮城県にある実家の空家の売却にはどれくらいの費用がかかりますか?

by ,

宮城県であってもなくても、不動産には仲介会社に支払う売却手数料と手続き費用の両方が必要になります。

概略をお話ししておきましょう。

●仲介会社に支払うべき手数料は3%。

仮に宮城県の不動産査定士に査定をお願いし、不動産の仲介会社を通して売却した場合、不動産査定の費用は無料ですが、仲介会社には手数料を支払う必要があります。

基本的には売却価格の3%です。

これは法律で定められているので、宮城県内であってもなくても、どこの仲介会社に依頼しても同じです。

●印紙代や登記費用など細々した実費も。

売却と同時に新たな不動産を購入する場合でも、購入価格の3%を仲介会社に支払います。

その他、売却にかかる事務手数料(手続き費用・実費)としては、売買契約書に貼付するための契約印紙税のほか、宮城県の当該物件に抵当権が設定されていれば抵当権抹消登記費用がかかります。

このとき住民票に記載されている所在地と登記簿の所有者の所在地が異なる場合は、住所変更のための登記費用が必要になります。

●必要な費用は、仲介会社に依頼しておけば細かなリストを作成してくれます。

経費を差し引いた手取額を把握しておきましょう。

不動産査定は原則無料ですが、その他の費用については実費が発生します。

また新たな不動産を購入した場合、金額によっては不動産取得税などもかかります。

何にいくらの出費があるのか、細かく把握しておきましょう。