キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結婚指輪は本当に似合うものを見つけて : まさかの結婚指輪で困ったら

結婚指輪は本当に似合うものを見つけて

細部にこだわると、大量生産された結婚指輪では満足できないかも?そんな時はジュエリー職人さんを抱えた専門店を訪ねてみましょう。

まさかの結婚指輪で困ったら

結婚指輪は本当に似合うものを見つけて

結婚指輪というと、白系統の輝きのメタルを選ぶのが主流です。

販売するサイドの戦略が功を奏した結果かもしれません。

売り上げを増やすためには、販売数を増やすか、客単価を上げる(両方が理想でしょうが)必要があります。

結婚という人生一大の行事がなければ結婚指輪は必要とされないので、市場サイズそのものに限りがあり、よって販売数増加にも限界がありますよね。

そこで、シンプルなデザインが人気の結婚指輪において客単価アップを目指すには、希少価値の高いプラチナリングへと顧客を誘導しようということになったのでは?と思うわけです。

★トレンドよりも個性や好みを重視

トレンドは販売サイドによって誘導されていることがほとんどです。

この商品を売りたいとなれば、メディアの露出が多くなります。

そうすると、これがオシャレ/今のトレンド/一番人気、みたいな雰囲気が作り出されて、次に実態が引きずられるワケ。

でも、自分に似合うか、自分の好みかの方が大切。

結婚指輪はずっと着けてるものなのですから。

★好きな色、似合う色は?

例えばファンデーションを選ぶ時、わずかな肌色の差に物凄い注意を払うでしょう?結婚指輪のメタルの色もそれくらいのこだわりで考えるべきだと思います。

プラチナ、ゴールド、シルバー、チタン、パラジウム、並べてみると全然ちがいますし、どれも純度100%でリングが作られることはまずないので、合金の仕方によりトーンはさらに変わってきます。

細部にこだわると、大量生産された結婚指輪では満足できないかも?そんな時はジュエリー職人さんを抱えた専門店を訪ねてみましょう。

◎結婚指輪購入の傾向に関しては→【URL:http://news.livedoor.com/article/detail/10127153/

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) まさかの結婚指輪で困ったら All Rights Reserved.