キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 紛失したら、絶対再購入 : まさかの結婚指輪で困ったら

紛失したら、絶対再購入

結婚指輪を紛失した時の感情・対応は男女差がありますが、二人の間に妙な違和感を入り込ませないためにも、絶対再購入しましょう。

まさかの結婚指輪で困ったら

紛失したら、絶対再購入

結婚指輪をなくしたら、とにかもかくにも血の気がサーと引く・・・特に男性は「カミさんに何て言おう。」と恐怖?で頭を抱えるようです。

旅行先で紛失したとなると、宿泊先に問い合わせて、あれば超ラッキー、なければまず見つかる見込みはなく、かつ引き返して探すというわけにもいかないので、絶望のどん底気分かもしれません。

旅行先でなければ、必死で記憶をたどって下さい。

結婚指輪紛失を経験する人は3割程度いて、その内4割はちゃんと見つけています。

■関連記事⇒なくしてしまった結婚指輪、16年ぶりに「収穫」 スウェーデン:AFPBB News

★男女の違い

女性が紛失した場合、ほぼ100%が再購入したいと考えます。

その時の経済状況で、例えばお子さんの教育費がピークに達している時など、結婚指輪に限らず、女性は自分のものを後回しにするため、実際の購買行動には移らないことはあります。

男性の場合は、女性ほどの思い入れがないからしょうか、ないままで過ごすことが少なくないようです。

★購入すべきか否か

答えはYES。

断然YES。

夫婦の繋がりを目に見える形で象徴しているのが結婚指輪。

紛失したという理由でつかなくなったら『上手く表現できない違和感』が二人の間に生まれてしまいます。

もし、奥様が結婚指輪を失くして、かつ再購入を口にしていなかったら「指輪を買いに行こう。」と言ってあげて下さい。

奥様がどれ程あなたに感謝し、愛情を再確認するか、筆舌に尽くし難しです。

もし、夫であるあなたが失くしたのなら「どんな材質でもデザインでもいいから、結婚指輪を買いたい。着けていたい。」と言いましょう。

反応は人それぞれでしょうが、女として妻として、嬉しくないはずがありません。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) まさかの結婚指輪で困ったら All Rights Reserved.